おニャン子喫煙組!ブサイクという噂の樹原亜紀!クビにならなかった訳は?

12月8日放送の「爆報フライデー』では、喫煙騒動で解雇となったおニャン子クラブの元メンバーの榎田路子さんが登場すると話題になっています。

当時、おニャン子クラブが喫煙騒動があり、その場に居合わせた6人のメンバーのうち、5人が解雇となりました。

そのうち、唯一一人だけ解雇とならなかったメンバーがいます。

メンバーとは、樹原亜紀さんです。

樹原亜紀さんとは誰か?今は?そしてなぜ、一人だけ解雇にならなかったのか?を探っていきたいと思います。

スポンサードリンク

 

元おニャン子メンバー 樹原亜紀さんとは?

・樹原 亜紀;(きはら・あき)
・生年月日;1969年3月30日
・血液型;AB型

樹原亜紀さんとは、会員No.6で初期メンバーであり、1985年の『夕焼けニャンニャン』の初回から出演しています。
番組内では主に、お笑い担当で、特に高島忠夫のモノマネが得意だったそうです。

身長は169cmと高く、当時のおニャン子メンバーの中で、長身で際立っていたようです。

おニャン子喫煙騒動とは?その後の樹原亜紀さんは?

当時、話題となったおニャン子の喫煙騒動があります。

放送開始からわずか2週間ばかり過ぎた頃、会員番号1番奥田美香、2番榎田道子、3番吉野佳代子、6番樹原亜紀、7番友田麻美子、10番佐藤真由美の6名(全員当時20歳未満)がその日の番組生放送終了後にフジテレビからほど近い新宿区内の喫茶店(当時、フジテレビの局舎は同区内の河田町に位置)で喫煙しているところを週刊誌『週刊文春』の記者に写真に撮られて同誌巻頭グラビア面でスクープ記事にされることになった。掲載号(4月25日号)発売日の4月18日より番組から姿を消し、6人中5人が一週間後の4月25日、正式におニャン子クラブを解雇される。(Wikipediaより引用)

当時、未成年だったメンバーが、喫煙しているところを週刊文春の記者に写真を撮られ、後日、6人中5人が解雇されました。解雇されなかったのが、そうです。樹原亜紀さんです。

この喫煙騒動によって、樹原亜紀さんは一時活動休止となったものの、すぐに復帰されます。1987年に第5回卒業式にて、卒業されます。

なぜ、樹原亜紀さんだけが解雇されなかったかというと、ネット上では、『人気がなかったから』や、『クレームがつかなかったから』『ブサイクだったから』などという
噂になっていますが、真相については、詳細はわかっていませんし、明かされていません。

樹原亜紀さんの現在は?いまはオランダに在住?

なんと、樹原亜紀さんは現在、オランダで専業主婦をされているとのことです。
おニャン子卒業後、イギリス留学にされた後、バックパッカーをされ、オランダ人ニューメディアアーティストと結婚されます。

出産を機に専業主婦となり、現在は、2児の母だそうです。現在は、ロッテルダムに在住されているそうです。

「卒業のときは、もうおニャン子は十分。違う景色が見たい、自由になりたい、という気持ちが強く、好奇心と希望に満ち溢れていました。もともとモデル出身でアイドルには興味がなかったんです」

(smart FLASH記事より引用)と話されています。

今は、海外でイキイキと暮らされているようですね。

まとめ

30年以上前に絶大なる人気となったおニャン子クラブ。当時の喫煙騒動も記憶に残る方も、多くいらっしゃるのではないでしょうか。

おニャン子クラブの元メンバーの現在も、各々、違う人生を歩んでおり、活躍されているようです。メンバーの今と今後も気になるところですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です