ドクターX最終回 大門未知子死亡?後腹膜肉腫とは?続編は?

12月14日(木)人気ドラマであり、平均視聴率20%を超えるドラマ『ドクターX』が最終回となりますが、米倉涼子が演じる大門未知子が病気で倒れ、余命3ヶ月との

ことで、噂となっています。大門未知子の病気とはどんな病気なのでしょうか?医者が続けることができない病気なのか?などなど、ラストも気になるところなので、探っ

ていきたいと思います。

スポンサードリンク

ドクターX最終回。大門未知子が余命3ヶ月?

シリーズ5まで続いた『ドクターX』、「私、失敗しないので。」が名台詞だった大門未知子が手術後に倒れ、『後腹膜肉腫』という病気が発覚します。なんと余命3ヶ月

と言い渡されます。

しかし、それでも大門未知子は、命がある限り、手術をしたいと申し出たのです。内神田景信の食道がんの手術に挑みます。

「これが、ラストオペなのではないか?」とか「大門未知子は死んでしまうのではないか?」などネット上では騒然としています。『ドクターエックス』は根強い人気と根

根強いファンから心配の声があがっています。

スポンサードリンク

未知子の病気『後腹膜肉腫』とは?

劇中で大門未知子のかかった『後腹膜肉腫』とは果たしてどんな病気なのでしょうか?

『後腹膜肉腫』とは、内臓の奥にできた癌のことです。肉腫(サルコーマ)は一般的には、血管や筋肉や脂肪、骨や神経に発生した腫瘍のこと指し、組織を発生母地にして

いるため、手や足に発症する頻度が多い疾患です。

症状としては、初期には特にめだった症状はないそうです。多くが、腹部が大きくなってきたと訴えたり、検診で発見されてから病院を訪れているようです。腫瘍が大きく

なるにつれて内臓を圧迫するのっで、それにともない腹痛や吐き気を引き起こすようです。

処置としては手術で肉腫を切除することが必要のようです。腹部の手術ではありますが、術後に足の動きや感覚などに後遺症が残ることがあるようです。

続編はあるの?本当のラスト?

劇中の話ではありますが、もし『後腹膜肉腫』を手術し成功したとしても、術後に後遺症がのこるようであれば、医者としての続行は難しいかもしれません。

今までシリーズ5まで続いていたのですが、続編はないのでしょうか。今回が本当のラストではないかといいう声が後をたちません。

しかし、大ヒットドラマですし、私、個人的な意見としてはもし今回、本当のラストで最終回だとすると、テレビ朝日としては20%の視聴率を稼ぎ出す稼ぎ頭のドラマを

手放してしまうのは、痛手かと思いますね。なので、どういう形であれ、続編まで打ち切ってしまうのは考えにくいのでは?と思いますよね。

スポンサードリンク

まとめ

シリーズ5まで続き、視聴率20%超えのドラマ、『ドクターX』。「私、失敗しないので。」や『御意』、『いたしません。』などの数々の名セリフを生み出してきたド

ラマですので、どういうラストなのかが見どころですね!

ネット上でも話題になっていますが、最終回がどういう展開なのかが注目ですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です