【カンボジア】おすすめ料理と伝統的な料理!食べ方や注意点について!まとめ

こんにちは!!カンボジアに行ったら食べたい料理と何を思い浮かべますか!?

カンボジア料理は、そうです。特徴がないのです(笑)今回は、カンボジア料理(クメール料理)の中でも伝統的な料理についてお伝えしていきたいと思います!

スポンサードリンク

カンボジア料理、伝統料理 アモックとは!?

カンボジア料理は、辛くなく、甘すぎず、しかしヘルシーで健康的な料理が多いです。一般に、カンボジア料理(クメール料理)はプラホックという魚を発酵しペースト状にした調味料を使います。その中で、カンボジアの伝統料理の一つは、『アモック』についてご紹介します。

アモックとは、カンボジアの伝統料理で、魚をココナッツミルクと卵で蒸して、カレー風味にしたものです。バナナの葉で巻いてあります。
味は、カレー風味で茶碗蒸しのような味です。ご飯と一緒に食べます。

アモックはカンボジア初心者の方でも食べやすく、とても美味しいです。これもまた、辛くない料理です。

スポンサードリンク

カンボジアおすすめ料理 クイティオ!!

カンボジアのおすすめ料理、定番の朝ご飯でもありますが、『クイティオ(米麺)』です。

朝食でも紹介しましたが、クイティオはカンボジアに行ったら、絶対食べてもらいたいおすすめ料理です。

ローカル料理で、お店によっても味付けが異なりますが、たいがい、もやしと備え付けのソースとライムをつけて食べます。

こちらも辛くなくて、スープは薄味のお店が多いです。米麺も細麺ですので、日本人でも非常に食べやすいです。

カンボジア伝統料理! ノムバンチョックとは!?

カンボジアの伝統料理に『ノムバンチョク』があります。

ノムバンチョクとは、お米の麺で(日本でいうそうめんに近い感じです)、各自で好きな野菜をのっけて、スープをかけて食べます。

カンボジア人は、お正月、お盆、お祭りの際には必ず、各家庭で食べられる、家庭料理でもあります。

地元のローカルなノムバンチョックの食堂にて撮影しました。上記の写真のように、テーブルの上のバケツに入っている草木を自分でちぎって、麺の上に載せて食べます。(笑)豚足と一緒に食べました(笑)野菜や、バナナの葉、生もキュウリ、蓮をかけて、スープをかけて食べます。ココナッツ味とカレー味があり、魚をペースト状にして、レモングラスを入れたスープのココナッツ味と、カレー味(ソムロー・カリー)があります。

こちらも、たいがいは薄味となっていますので、自分のお好みでソース等をつけて食べてください。そうめんのような麺なのですが、意外とお腹いっぱいになります。カンボジアには、ノムバンチョックが食べることができるレストランやローカルな屋台がたくさんありますので、ぜひ、トライしてみてくださいね!ローカルな食堂では、おしぼりは置いてないところが多いですので、ウェットティッシュを持参することをおすすめします!

バーイ・チャー(カンボジア風チャーハン)

 

『バーイ・チャー』いわゆる、カンボジア風炒飯です。

一般的に、豚肉、ソーセージと野菜多めの炒飯です。ニンニクや香草も入っていますが、こちらも辛くないので食べやすいです。

スポンサードリンク

まとめ

以上、カンボジアのおすすめ料理、そして伝統料理についてご紹介しましたが、カンボジア料理は全体的に野菜も多く、味も薄いでも

美味しいです!そして、カンボジア料理好きが口を揃えて、『日本人の口に合う。」とか、『昭和の味』といいます。

今回、挙げたのは、カンボジア料理の中ではごく一部ですが、カンボジア料理は実に『健康的な』料理だと思います!

そして、もともと自然でプレーンな味付けのものが多いので、自分の好みで味付けをするものが多いかと思います。

野菜、魚も料理に含まれているので、健康的で元気になる料理ばかりです!

なので、日本人には非常に馴染みやすく、口に合う料理が多いかと思います。カンボジアに行ったらぜひ、こちらの記事を参考に料理を楽しんでくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です