小室哲哉にかわいそう、言い訳がましいとの声!うつ病や耳鳴りの噂も?

2018年1月19日、小室哲哉さんが不倫疑惑が受けて会見を開きましたが、世間では「かわいそう」とか「言い訳がましい」との声が上がっています。

そんな小室哲哉さんですが、うつ病や耳鳴りの噂とも言われています。実際の真相について、探っていきたいと思います。

スポンサードリンク

小室哲哉にかわいそう、言い訳がましいの声!

今回の会見を受けて、ネット上では、「かわいそう」と「言い訳がましい」との2つの意見に割れています。

「かわいそう!」派の意見

 以上のように、「介護疲れでかわいそう」などの意見が出ています。確かに、妻のKEIKOさんの介護に疲れ果ててしまったのかもしれませんね。

「言い訳がましい!」派の意見

ただ、「かわいそう」との意見の一方で、「言い訳がましい」との声も出ています。

「かわいそう」との同情の声の一方で、「言い訳がましい」とか、「KEIKOのせいにしているように取れる」などの意見も出ています。確かに、不倫したことを認めずに、妻のKEIKOさんのせいにするのは、よくないですよね。批判的な意見が出てもおかしくはないですね。

スポンサードリンク

小室哲哉にうつ病や耳鳴りの噂?

小室哲哉さんは、介護疲れによりうつ病やうつ病による耳鳴りを患っていたという噂が流れています。

妻・KEIKOさんは高次脳機能障害を患っていたということが判明しました。くも膜下出血で倒れたのが、2011年10月24日と言われていますので、かれこれ、7年は病気を患っていることでしょう。

高次脳機能障害とは、認知症よりも重い症状だと言われ、記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的機能障害の症状があります。症状によっては、失語、失行などが現れるそうです。100%の回復、損傷前の状態に戻ることは、現代の医学では不可能に近いそうです。ただ、リハビリや家族からの献身や治療によって、普通に日常生活が送れるレベルにまでは戻るそうです。

KEIKOさんの場合は、記憶障害、言語障害があったようで、今でも障害が遺っており、小室哲哉さんは献身的な介護を行なっていたようです。

小室哲哉さんの会見では、「大人の女性としてのコミュニケーションが取れなくなった」という発言をしているように介護疲れだったように見受けれられます。介護で疲れていたのかもしれません。しかし、いくら介護疲れだったとはいえ、不倫はよくないですよね。

スポンサードリンク

まとめ

今回、引退を発表した小室哲哉さんですが、KEIKOさんの介護による介護疲れだったことは、本当だったようです。

引退後の小室哲哉さんとKEIKOさんの今後の動向が気になるところですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です