五輪マスコット谷口亮とは?イラストや作品が可愛いとの噂!家族は?

 

2020年に開催される東京オリンピックのキャラクターマスコット決定したそうです。今まで、ア案、イ案、ウ案の3案で検討されていましたが、今回、ア案が選ばれました。応募総数は2,042件でその中より、日本全国の小学校、インターナショナルスクール等の投票により選ばれたようです。

マスコットの作者は福岡県に在住のデザイナーで谷口亮さんです。谷口さんとはどんな人なのでしょうか?他の作品やイラストもかわいいと噂になっています。家族についても探っていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

作者は谷口亮氏!デザイナー!個性的という噂も

今回のア案を制作したのは誰でしょうか。キャラクーの作者は福岡県に住むキャラクターデザイナーの谷口亮さんです。

 谷口亮(たにぐち・りょう)1974年(昭49)9月5日、福岡県生まれ。日本の高校卒業後、97年に米カリフォルニア州のカブリオ大の美術学士を取得。帰国後にオリジナルキャラクターの制作を開始し、路上でキャラクターグッズを販売しながら人脈を培い、現在に至る。教育系出版社ベネッセで、「チャレンジタッチ」のナビゲートキャラ「ニャッチ」、小学生向け英語教材「BE-GO Step Up」のペットキャラクター「スタードッグ」、同教材「BE-GO Let’s Talk」の同キャラクター「ミスティックキャット」を手がけた。他にも松本伊代、早見優がメンバーの「キューティ☆マミー」の2枚目シングル「アイ・ワナ・ダンス」のCDジャケットのデザインを担当。「ジャパン・エクスポ・タイランド2016」のメインキャラクター「ゲン君&ムーちゃん」も制作。博多警察署・防犯協会の「いかのおすし」のキャラクターイラストも手がけた。福岡県在住。

ベネッセの「ニャッチ」などのキャラクターを手がけられていたようです。

さて、谷口亮さんはどんな人かというと?この人です!

見た目は個性的で少し強面な印象ですが、ネット上では「この人、いい人そう」だとか「この人に決まってよかった!」などの声があがっています。

この谷口さんですが、実は苦労人。米国から帰国後は自ら路上でオリジナルキャラクターグッズを販売していたそうです。

今回の会見でも「収入がない時には妻に苦労をかけた。回らない寿司など美味しいものを食べさせてあげたい」と語っているようですね!今までの苦労が報われて良かったですね!人柄としても、好感がもてますね!

ちなみに谷口さんのホームページも可愛らしいです→谷口亮さんのホームページ

谷口さんのイラストや作品は?かわいいとの噂!

谷口さんのオリンピックのキャラクター以外のイラストや作品は他にどんな作品があるのでしょうか?

ありました!

どれもかわいいですね。ちなみに本人自らのTwitterでは、『ヌヌコ日和』という猫のキャラクターのカードゲームのイラストを宣伝しています。

カードゲームのイラストのデザインを手がけているようですね。このヌヌコといわれる猫は可愛らしいですね。

ちなみに、ネット上でも谷口さんのイラストや作品はかわいいと評判です

本当にどのイラストもかわいいですね。今回のオリンピックのマスコットの投票は子どもからの投票がダントツ一番人気だったそうですが、この可愛さに納得ですね!

家族は?

谷口さんは会見では「苦労をかけた奥さんに回らない寿司を食べさせてあげたい」という発言があったように奥様思いのように思われますが、家族はどうなのでしょうか?谷口さんのTwitterの情報だとどうやら、奥様と息子さんがいるようです。

奥様とも仲睦まじく、息子さんともラーメンを食べている様子が微笑ましいですね。家族思いの印象を受けますね!

スポンサードリンク

 

まとめ

冬季オリンピックも終わり、2020年の東京オリンピックのマスコットも決定しました。マスコットの作者谷口亮さんのお人柄も良さそうですし、かわいらしくて応援したくなります!今はカードゲームなどのイラスト中心のようですが、今後の活躍にも注目していきたいですね!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です