元電通はあちゅう岸勇希(ゆうき)をセクハラ、パワハラ告発!?岸勇希謝罪するもクビか?

元電通で人気美人ブロガーはあちゅうさんが、元電通時代のクリエイター岸勇希氏へのセクハラ、パワハラ告発。それに対して、岸勇希が謝罪をしたということがネット上で話題となっています。

はあちゅうさん自身も自分のブログで発表してコメントを述べています。

昨年、電通の過労死による自殺問題など、何かと電通に対して冷たい世論がある中、元電通であり、ネット上での影響力のあるはあちゅうさんが、勇気を出した行動とそれに対して話題となっています。

はあちゅうさんとは?岸勇希氏、そして、このセクハラ・パワハラ問題にたいして、岸の謝罪、そして今後、この問題について探っていきたいと思います。

スポンサードリンク

はあちゅうとは?

  • はあちゅう(本名;伊藤春香(いとうはるか)生年月日 1986年1月22日 作家・ブロガー
  • 神奈川県川崎市出身。
  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業、在学中に香港大学へ留学。
  • 大学在学中にブログをはじめる。卒業旅行の時に、企業からスポンサーを募り、タダで世界一周を実現したという経験がある。
  • 2009年、電通に入社し、コピーライターとして勤務。のち2011年にトレンダーズに転職。
    その後、2011年より同社のドクターエステ・コスメ専門サイト「キレナビ』の編集長をおこなっていたものの、2013年12月にサイブリッジ社へのキレナビ事業売却。その後、『ウーメディアチャネル』パートナー・マネージャーを務めた。2014年9月より、退職後フリーとなって執筆活動や講演活動をおこなっている。

はあちゅうさんは、今や人気ブロガーでブロガーの第一人者。彼女は美人でもあり、電通やトレンダーズ等の企業での実績もあります。彼女のブログはもちろん、Twitter上でも歯にものをきせる発言などで、人気のある方です。ブログランキングなどでも、常に上位をキープをされている方です。

しかし、ネットでの影響力があるがゆえに、ときより、はあちゅうさんの一言でTwitter上で炎上もあったりします。これも彼女の戦略かもしれません。

スポンサードリンク

岸勇希とは?はあちゅうと岸勇希氏のセクハラ・パワハラ問題とは?

  • 岸勇希(きし・ゆうき)
  • 愛知県名古屋市出身
  • 生年月日 1977年8月13日(40歳)
  • 2004年に電通に入社し、4年後に「コミュニケーションをデザインするための本」を出版。2014年には電通史上で最年少でエグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクターに就任し、2017年に独立。
    現在では、株式会社「刻キタル」の代表取締役に就任している。

岸氏は世界最大級の広告の祭典「カンヌライオンズ』で金賞をとるなど、国内外での受賞歴も多数ある広告業界で日本有数の人物です。

今回のセクハラ・パワハラ問題とははあちゅうさんが電通時代に、先輩だった岸氏のはあちゅうさんに対しての対応が問題となっています。

当時、中部本社に配属されたはあちゅうさんが、東京本社への異動を希望しており、相談をしていたそうです。当時、岸氏はすでに本を出版しており、業界で著名なクリエイターでした。新入社員だったはあちゅうさんは憧れの存在だったそうです。

しかし、ハラスメントだと気づいたのは、中部本社から東京本社への配属が決まった2010年3月頃からだったといいます。

「本社に異動した頃、岸さんから『今すぐ飲みの場所に来い。手ぶらで来るな。可愛い女も一緒に連れてこい。お前みたいな利用価値のない人間には人の紹介くらいしかやれることはない』などと言われるようになりました」

「深夜に『俺の家にこれから来い』とも言われました。当時、私は田町に住んでおり、彼の自宅は浜松町だったので、歩ける距離にありました。突然電話がかかってきて、どこで何をしていようと、寝ていても『今から来られないのか』と言われました。『寝ていました』と言うと、行かないでも許してくれることもありましたが、翌日、『お前はこの会社には向いていない。CDC(岸氏が所属していた部署)にきたら深夜対応も当たり前だぞ』と言われました」

「自宅にいくと、黙って正座をさせられて、彼が作業をしているのを延々と横で見させられるか、彼の仕事の功績を聞いて、それを褒め続けたり、岸氏の嫌っている人を一緒にけなすなどさせられたりしました。そして、当時、岸氏は私の友人と付き合っていたのですが、『こうやってこの時間にお前が俺の家にいることを言ったらどう思うかな。お前が誘ってきたことにもできるからな』などと言われました」

「『俺に気に入られる絶好のチャンスなのに体も使えないわけ? その程度の覚悟でうちの会社入ったの? お前にそれだけの特技あるの? お前の特技が何か言ってみろ』と性的な関係を要求されました。『お前みたいな顔も体もタイプじゃない。胸がない、色気がない。俺のつきあってきた女に比べると、お前の顔面は著しく劣っているが、俺に気に入れられているだけで幸運だと思え』と。(Yahooニュースより)

その後、はあちゅうさんは、2011年11月に電通を退職。退職した後も、嫌がらせが続いたそうです。

転職後に、電通主催のイベントに、はあちゅうさんが登場した時に、岸氏から、「はあちゅうなんて呼ぶな。あいつはどうしようもない女だ」などの嫌がらせのメールがあったそうです。

 

スポンサードリンク

岸氏謝罪、今後は?クビか?

しかし、今回、はあちゅうさんの当時の暴露と告発を受けて、岸氏から謝罪のメッセージが届いたそうです。

当時自分がとても理不尽なことをし、嫌な思いをさせた、とても苦しめたことを、お詫びしたくて連絡しました。本当にごめんなさい。当時の自分には自分なりの理由があったのだけど、それ自体が稚拙で傲慢で愚かな考え方だと改めて思い、深く反省しています。(一部抜粋、原文ママ)

 

今回の告発を受けて、岸勇希氏は謝罪を示しておりますが、ネットでの影響が大きいはあちゅうさんは、ネット上での話題が大きいことは間違いありません。

 

Twitter上、ネット上で騒然としています。さらに、女性からの反響も多いかと思います。まさに、電通に風当たりが強い今の時代だからこそ、世間からはさらに強い風当たりがあることでしょう。

岸氏は現在、「刻キタル』の代表取締役を務めていますが、この会社は電通の子会社のようです。今後、世間からの反響が多ければ、もちろん、企業についても影響を受けることは間違いありません。⇒現在、岸氏のブログ、HPはサーバダウンしています。

まとめ

勇気のある行動をとった、はあちゅうさん。そして、まさに電通に冷たい視線がそそがれ、風当たりの強い現代だからこそ、暴露、告発までにいたったという彼女なりの戦略かもしれません。

さらに、はあちゅうさんの新刊が発売する直前というのも戦略なのかもしれませんね。しかし、今回の問題は、目をそむけてはいけない問題とされるでしょう。

一昔前なら、天下の電通さんの時代で何でももみ消したり、何でもありの時代だったかもしれませんが、今の時代、そんなの通用しませんからね。ネットでの影響力は大きいですが、テレビではどう扱うのか、そして、今後についてさらに注目をしていきたいと思います!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です