小澤廉の生い立ちや母親は?母子家庭で貧乏生活だった?家族についても調査!

スポンサーリンク

人気俳優だった小澤廉さんは、元女子高生の恋人へDVして堕胎させていたと報道されました。

DVの壮絶ぶりに「キモすぎる!」との声が出ていますが、壮絶なDVをする小澤廉さんがどんな生い立ちだったのかについても気になります。

小澤廉さんは以前、SNSで「両親は離婚して、母子家庭で育てられたことを話していました。

そこで今回は、「小澤廉の生い立ちや母親は?母子家庭で貧乏生活だった?家族についても調査!」と題して、小澤廉さんの生い立ちや家族について調べていきたいと思います。

ではさっそく、本題にいってみましょう!

スポンサーリンク



小澤廉の生い立ちや母親は?

小澤廉さんは、1991年神奈川県座間市で生まれました。

現在は両親が離婚しますが、もともと父親、母親、兄と小澤廉さんの4人家族でした。

小澤廉さんが19歳の時に、両親が離婚したそうです。

幼いころは母子家庭で育ったわけではないようです。

一般的にDVの加害者になる人は、幼い頃に両親からDVを経験されていた人が多いといわれていますが、小澤廉さんがDVを受けていたというのは明らかになっていません。

小澤廉は母子家庭で貧乏生活だった?

小澤廉さんは19歳の時に両親が離婚後は母子家庭で生活していました。

小澤廉さんは大学3年生の時にスカウトされ芸能界入りしましたが、大学卒業時に女で一つで大学に行かせてもらった母に感謝の気持ちをTwitterで投稿していました。

19歳までの両親離婚するまでは、特別に貧乏だったようではありませんが、お母さんには苦労をかけたと語っていました。

小澤廉さんは反抗期がすごく長かったそうですが、両親が離婚した後、引越し先のアパートえお母さんが一人で泣いているのを見て、そこで反抗期が終わったそうです。

ということは19歳の大学生まで反抗期が続いていたんですね。

そうすると、お母さんにもDVとかしてたんじゃないかと想像しちゃいますよね・・・。

反抗期が終わってからは、小澤廉さんとお母さんは仲良くなり、お母さんは小澤廉さんの舞台は毎回どの作品も欠かさず、駆けつけてくれてとても褒めてくれたそうです。

小澤廉さんは、「もっと有名になって、楽させてあげたいし、お母さんが誇れる息子になりたい。」と語っていました。

そして、小澤廉さんは結婚式のときには、自分がお母さんにかりゆし58の「アンマー」を歌うと決めていると語っていました。

お母さん思いの青年ですよね。

そう思うと、どうして元恋人へ驚愕なDVをしていたのかが不思議です。

本当はこころ優しいお母さん思いの青年のようなのに、信じられません。

スポンサーリンク



小澤廉の家族について調査!

小澤廉さんには、父親と母親と兄の4人家族でした。

小澤廉さんには上にお兄さんがいるそうです。

お兄さんの影響で小澤廉さんは「エミネム」などのラップを小学生のときから聴いていたそうです。

お兄さんと一緒にライブにもいくほど、仲良しだったそうです。

お兄さんは現在、名前や職業などは明かされていません。

おそらく芸能界の関係者ではなく一般の方かと思われます。

小澤廉さんのお父さんやお母さんについても公表はされていません。

スポンサーリンク



まとめ

今回は、「小澤廉の生い立ちや母親は?母子家庭で貧乏生活だった?家族についても調査!」と題して、小澤廉の生い立ちや母親や、家族について調べてみました!

小澤廉さんは神奈川県座間市に生まれて、19歳のときに両親が離婚して母子家庭で育ったようです。

反抗期が長かったようですが、お母さんを自分の舞台に誘うほど、小澤廉さんとお母さんは仲が良かったようです。

お母さん思いの小澤廉さんが、衝撃的なDVをしていたというのが信じられませんよね。

小澤廉さんのDV報道についてはまだ真相が明らかにされていませんが、引き続き、注目していきたいと思います!

スポンサーリンク



 

スポンサーリンク