台風10号・2020年関東への影響は?今後の進路予想を調査!

台風のシーズンがやってきました!今年も非常に強い大型の台風がやってきています。

2020年9月6日(日)から7日(月)にかけて台風10号(ハイシェン)が南大東島の南南東の海上から北西に向かって進んでいます。今回の台風の勢力は過去最強クラスで過去にあった伊勢湾台風以来といわれています。最悪の事態が起こる可能性が高いといわれています。

今回の台風10号(ハイシェン)は九州地方に上陸するとの予想ですが、関東地方への影響はあるのでしょうか?台風10号の関東地方への影響や今後の進路について調査していきたいと思います!

台風10号(ハイシェン)2020年の概要

非常に強い大型の台風10号(ハイシェン)は、南大東島の南南東の海上を発達しながら北西に進んでおり、今後は更に発達する見通しで今日15時までに「猛烈な」勢力になって大東諸島に接近、通過する見込みです。大東諸島では既に風が強まっており、北大東では最大風瞬間風速36.0m/s、最大風速26m/sの暴風を観測しています。その後は、勢力を保ったまま6日(日)には奄美諸島近海を通過する見解です。台風の進路に近い島々では、過去に経験のないような荒天となるおそれがあり、最大限の警戒が必要です。

九州に接近する6日(日)夜から7日(月)朝にかけても、中心付近の最大瞬間風速は60~75m/s程度と見られ、勢力は過去最強クラス。特別警報の発表基準に達するほどです。これだけの勢力で近づけば上陸しなくても、甚大な被害につながる危険性が高まります。最悪の事態に備え、九州では出来るだけ今日のうちに台風への備えや避難などを行うようにしてください。【出典;ウェザーニュース】

今回の台風10号(ハイシェン)は、9月6日(日)奄美諸島近海を通過する予想です。そして6日(日)夜から7日(月)朝にかけて、九州地方に過去最強クラスの台風が接近するといわれています。

「津波のような高潮が起きる恐れがある」といわれており、九州地方は台風への備えや非難について呼びかけています。過去に経験のないような荒天となると予測されています。

奄美地方では、大型台風に備えて住民がホテルに非難する動きが出ているようです。気象庁でも早めの備えを呼びかけています。

スポンサードリンク

台風10号(ハイシェン)今後の進路は?

過去最大勢力といわれている台風10号(ハイシェン)ですが、今後の進路はどのような進路なのでしょうか?

気象庁によると、台風10号は2020年9月5日現在、急発達しながら、沖縄の大東島地方の南南東の海上を北上しています。その後、9月6日以降、大東島地方付近を北上後、猛烈な勢力で奄美付近から九州南部へ接近する見通しです。7日は九州南部から九州北部へかなり接近上陸するとの予測となっています。

スポンサードリンク

台風10号(ハイシェン)2020年関東への影響は?

気になる台風10号は関東地方への影響はあるのでしょうか?

スポンサードリンク

ネット上の声

 

まとめ

過去最大勢力といわれている台風10号(ハイシェン)。九州地方はもちろん、関東地方も天気が目まぐるしく変わったりと影響はありそうです。早めに備えておくことが大切ですね!大きな被害が出ないことを祈りたいと思います!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Nintendo Switch Lite [ターコイズ] 2019年9月新モデル【新品】任天堂 ニンテンドー スイッチ
価格:26300円(税込、送料無料) (2020/9/5時点)

楽天で購入

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク