黒川検事長にスキャンダル!賭けマージャンで辞任!?逮捕はいつ?

黒川検事長にスキャンダル!賭けマージャンで辞任!?逮捕はいつ?

2020年5月20日(水)、現在、「検察庁改正法案」の定年について

話題となっていている黒川弘務検事長(63)にスキャンダルのニュースが入ってきました!

またもや、週間文春のスクープです!

話題となっている黒川弘務検事長が賭けマージャンをしていたことが「週間文集」の取材で

明らかとなりました。

これに対し、朝日新聞は謝罪しています。

このスキャンダルについてと辞任そして逮捕!?との噂もでています。

噂の真相を調査していきたいと思います!

黒川検事長にスキャンダル!【文春砲】賭け麻雀の概要とは

東京高検検事検事長の黒川 弘務氏が、産経新聞社会部記者や朝日新聞の元検察担当記者らと

賭けマージャンをしていたことが、「週刊文春」の取材で明らかとなりました。

この記者ら4人と集まったのはなんと、5月1日だったそうです。

新型コロナウィルスの影響で緊急事態宣言が発令し、外出自粛が叫ばれる中、

小池百合子都知事が「ステイホーム週間」と位置づけ不要不急の外出自粛を要請した中です。

記事によると、

夜7時半頃に産経新聞記者の自宅マンションに集合すると、

午前2時近くまでマージャンは続いたそうです。

マージャンを終えた黒川氏は、産経新聞の用意したハイヤーで帰宅しました。

また、5月13日にも同様に黒川氏は産経新聞記者宅に向かい、深夜までマージャンをしていたそうです。

産経新聞関係者によると、

黒川氏は昔から、マージャン好きで、複数のメディア記者と賭けマージャンに興じており、

外出自粛要請が出ているつい最近まで続けていたようです。

その際には、各社がハイヤーを用意するのが通例だったそうです。

マージャンは、4人が密集し、いわゆる『3密』の典型で、東京都も雀荘に休業要請しています。

また、少額でも賭けことを行った場合は賭博罪に該当するのです。

検察庁のトップというべき人が信じられないよね。

スポンサードリンク

黒川検事長は賭け麻雀で辞任!?

黒川氏の賭けマージャンが明らかになったわけですが、

日本の検察庁のトップである人がこういう行動をおこなっていいのでしょうか?

実際に現在の東京高検検事長という立場として、辞任は不可避ではないでしょうか。

今回の行動に加え、さらに国家公務員倫理規定上にも問題があるということがわかりました。

人事院の見解は以下の通りとしています。

「国家公務員が、会社の利益を目的とする人物(記者)から、社会通念上相当と認められる程度をこえて、接待や財産上の利益供与を受けている場合、国家公務員倫理規程に抵触するおそれがあります。そもそも賭けマージャンは刑法犯なので、そういう人物がいれば倫理法以前の問題。国家公務員法の98条(法令遵守)や99条(信用を傷つけてはいけない)といった一般服務義務に違反する可能性があり、懲戒免職といった事態も想定されます」

 今回、産経新聞記者と朝日新聞記者からの接待麻雀だとすれば、上記のように接待や財産上の利益供与を受けている場合、

国家公務員倫理規定に抵触します。

そもそも、国家公務員が賭け麻雀を行っている場合、刑法犯となるので、辞任、もしくは懲戒免職は免れないのではないでしょうか。

スポンサードリンク

黒川検事長の逮捕はいつ?

今回の黒川氏の『賭けマージャン』が事実だったとすると、国家公務員倫理規定にも抵触しますし、

さらに、少額でもお金を賭けて『賭けマージャン』を行っていた場合は、刑法として

罰せられます。

実際に、漫画家で現在はタレントで活躍しているあの蛭子 能収さんは、20年以上前、

1998年、賭け麻雀(麻雀賭博)で現行犯逮捕されています。

その後約3ヶ月間タレント活動を自粛しています。

逮捕後の記者会見では、「もう二度とギャンブルはしません、賭けてもいいです。」と名言も放っています。

今回の黒川氏は現行犯逮捕ではないですが、もし、事実だったとすると、

逮捕の可能性も十分あるのではないでしょうか。

ネット上の声では、以下のような批判の声があがっています。

これは炎上まったなし
麻雀くらいオンラインでやれよ。
検察庁法改正案で、こういう常識のない人の定年を延長させようとしていたわけだ
アウトでしょ!

これは、常識がないといわれてもおかしくはないですよね。

スポンサードリンク

まとめ

検察庁改正法案は否決されたものの、新型コロナウィルスで外出自粛が叫ばれる中、

検察庁のトップというべき人がこういった行動を取る事自体、非常識だと言わざるをえません。

国民からの疑問や批判も免れないでしょう。

辞任もしくは懲戒免職、刑法としては逮捕も否定できないかもしれません。

今後の動きに注目していきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です