新型コロナ給付金30万円の条件は?いつもらえる?無職フリーターは?

新型コロナ30万円給付金

新型コロナ感染拡大を受けて2020年4月7日、安倍首相は『緊急事態宣言』を

発令しました。

それに伴い、『緊急経済対策案』を公表しました。

その中で、新型コロナ感染拡大前と比べて収入が一定程度落ち込んだ世帯に、

現金30万円を配ることなどが盛り込まれています。

この給付金30万円がもらえる条件はなんでしょうか?

そして、いつもらえるのでしょうか?さらに無職やフリーターは、もらえるのでしょうか?

これについて調査していきたいと思います。

緊急経済対策における新型コロナ給付金とは何?

緊急経済対策とは、安倍首相による政府の発表によると、108兆円の緊急経済対策では治療薬として期待される「アビガン」

を200万人分備蓄するほか、子育て世帯への支援として、児童手当の受給世帯に子ども1人あたち1万円を上乗せすること、

さらに、収入が半減するなどした中小・小規模事業者などには200万円、個人事業主には100万円を上限に

給付するという政策を打ち出しました。

そして、各世帯への支援作としては、感染拡大前の比較して収入が落ち込んだ世帯へ

現金30万円を給付する制度を発表しました。

スポンサードリンク

新型コロナ給付金30万円の条件は何?

では一体、この新型コロナ給付金30万円を受け取れる条件とは何でしょうか?

この給付を受けるためには、世帯主の月間収入が2020年2月から6月のいずれかの月で、

下記のどちらかを満たすのが条件です。

①新型コロナウィルス感染発生前に比べて減少し、かつ年間ベースに引き直すと個人住民税均等割非課税水準となる低所得世帯

②新型コロナウィルス感染発生前に比べて減少(半減以上)し、かつ年間ベースに引き直すと個人住民税均等非課税水準の

2倍以下となる世帯等

とされています。

つまり、東京23区に住む3人家族の場合です。

30万円がもらえる条件としては、

①の住民税非課税水準にまで減少した世帯か、

②の場合ですと、年収が下がり205万円×2倍=410万円以下であれば、30万円もらえる

ということです。

しかし、年収850万円で半減した場合、425万円で410万円以下ではないため、

もらえないという仕組みです。

というように、SNS上では、「わかりにくい」などの厳しい声がきかれます。

新型コロナ給付金30万円はいつもらえる?

では、この新型コロナ給付金の30万円は果たして、いつもらえるのでしょうか?

一定の要件を満たせば、5月にも支給を開始するといわれています。

ただ現在は、外出自粛要請されていますので、現実的にすぐに申請というのは難しいでしょう。

安倍首相は7日に、「手続きについては簡易にして、郵送で手続きを完了できるようにする。」

と述べていましたが、

実際に手続きをするとなると、証明書類が必要になったり、役所の窓口に国民が殺到したりと

いうことが予想されます。

どちらにしても、5月に入ってすぐにスムーズに支給されるというのは難しいのでは

ないでしょうか。

これについては、今後の政府の動きに注目していきたいと思いますね。

スポンサードリンク

無職やフリーターは給付金30万円をもらえるの?

給付金30万円ですが、無職の方やパートやアルバイトとして働くフリーターの方は、もらえるのでしょうか?

アルバイトやパートで働くフリーターの方は、給与を受け取っているので

収入の証明ができれば、給付金30万円をもらえるでしょう。

しかし、あくまで世帯主ということが条件ですので、

そして、無職の方はもらえるのでしょうか?

これについてですが、今回の給付金は生活保護受給者については対象外となっています。

さらに、今回の給付の条件については、『所得の減少』になりますので、

今回のコロナ感染の影響で仕事を失った方については、『所得の減少』ということで

所得を証明できれば給付金をもらえる可能性が高いです。しかし、もともと無職だった方については

おそらく対象とならないでしょう。

ただまだ正確な通知を出しているわけではないので、市区役所の窓口に実際に

直接問い合わせすることをおすすめします。

スポンサードリンク

まとめ

新型コロナウィルス感染の影響を受けて『緊急経済対策』で打ち出された『給付金30万円』について

調べてみました。無職の方やフリーターの方も支給されるのかをまとめてみました!

まだ、新型コロナウィルスの感染状況は落ち着かない状況です。

先が見えない状況の中、備えておくことが大切ですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です