宝塚ボーガン殺人事件!犯行動機は?ボーガン規制の必要性を問う声も

宝塚ボーガン殺人事件!犯行動機は?ボーガン規制の必要性を問う声も

2020年6月4日、兵庫県宝塚市で何とも痛ましい事件が起こりました。

宝塚市の民家でボーガン(洋弓銃)のようなもので襲われ、3人が死亡、1人が重傷を負うという恐ろしい事件が起こりました。

その後、この家に住む23歳の大学生を殺人未遂容疑で逮捕されました。

家庭内での犯行だったようですが、なぜ、このような事件が起きてしまったのでしょうか?

大学生がボーガンと呼ばれる洋弓銃を所持することが可能だったのでしょうか?規制はないのでしょうか?様々な疑問が沸いてきます。

この事件について、真相を調査していきたいと思います。

宝塚ボーガン殺人事件の概要

4日午前10時15分ごろ、兵庫県宝塚市安倉西2丁目で「女性の耳に、矢のようなものが刺さっている」と住民から119番通報があった。

県警によると、近くの住宅内で親族4人がボーガン(洋弓銃)のようなもので襲われ、3人が死亡、1人が重傷を負った。県警は現場近くにいた、この家に住む大学生、野津(のづ)英滉(ひであき)容疑者(23)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

県警によると、亡くなったのは野津容疑者の祖母の好美さん(75)、母のマユミさん(47)、弟の英志さん(22)で、重傷を負ったのは伯母の百合江さん(49)。  野津容疑者は容疑を認めており、「自分の持っていたクロスボーガンで矢を撃ったことに間違いない」「殺すつもりだった」などと供述しているという。  野津容疑者の逮捕容疑は、伯母の百合江さんを殺害しようとしたというもの。ボーガンとみられる凶器は1階リビングで見つかり、4人に計5本の矢を発射したとみられるという。  

住宅は2階建てで、祖母は1階の居室で後頭部に矢が貫通した状態で、母親は1階リビングで左頭部に矢が刺さった状態で倒れており、いずれも現場で死亡が確認された。1階浴室前にも、頭部に2本の矢が刺さった弟が倒れており、搬送先の病院で亡くなった。住宅内は荒れた様子はなかったという。  伯母は、首に矢が刺さった状態で逃げ出し、近隣に助けを求めた。野津容疑者は現場に駆けつけた警察官に「おばさんにボーガンの矢を撃った」と話したという。  捜査関係者によると、野津容疑者は県内の私立大学4年生だと話しているという。県警は親族間にトラブルがあった可能性も含め、動機を調べている。  

宝塚ボーガン殺人事件!犯行動機は?ボーガン規制の必要性を問う声も

今回、事件の現場となったのはJR宝塚線中山寺駅の南約2キロの武庫川沿いにある閑静な住宅地です。現場は武庫川沿いで、戸建て住宅が立ち並ぶ閑静な地域。その一角で事件は起こりました。

容疑者の叔母さんはボーガンで打たれ、弓矢が刺さったまま、近隣に助けを求めたそうです。近隣の人が110番をしたそうです。近所の人の話だと、「こんな静かな地域でこんなことは初めて」と話しているそうです。

スポンサードリンク

宝塚ボーガン殺人事件はなぜ起きたのか?犯行動機はなぜ?

このような恐ろしい事件がなぜ起きたのでしょうか?

容疑者は23歳で神戸学院大学に通う4年生でした。4年生というとこの時期は就職活動などの時期でしょうか。

追記;2019年9月に学費未納のために大学を除籍していたことが明らかになりました。

今回、被害者となったのは、亡くなった祖母(75)母親(47)、弟(22)と伯母(49)です。

容疑者の家庭は父親はいなかったようです。離婚していたようで母子家庭で育ったようです。

母子家庭といっても、お祖母さんや親戚に囲まれて育ち、私立の大学まで通わせてもらっているのは、個人的には不自由のない生活のように思われます。

しかし、何か心の闇があったのでしょうか。

容疑者は、「持っていたクロスボーガンで撃った。家族を殺すつもりだった」と容疑を認めているという。 

容疑者は「家族を殺すつもりだった。」と話していたそうです。さらに、被害にあった伯母は、容疑者がわざわざ自宅に呼び出したそうです。

大学4年生というとこの時期は就職活動の時期ですが、今年はコロナの影響で就職活動も難しかったのではないでしょうか。

殺害された弟は、年子だったようです。以前から兄がよく暴れて困ると話をしていたという話もあります。

これは憶測ですが、年子だと何かと比べられることも多いかもしれません。

容疑者は大学を浪人しており、年子の弟はすでに大学卒業して社会人という話もあります。

就職についても弟と比べられてたのかもしれません。兄弟間は何かと見えない競争心があるので、そういったストレスが積み重ねてしまったのかもしれません。

こういった兄弟間、家族間のトラブルというのは、ごく普通の家庭でもあり得ることだと思います。でも、絶対に暴力で解決しようとしてはいけません。

スポンサードリンク

ボーガンの銃刀法規制の必要性は?ネットでも買える恐ろしさ

そもそも、今回事件で凶器として使われたボーガンとは普段聞き慣れないのですが、どういったものなのでしょうか。

ボーガン(洋弓銃)は、専用の矢を弦を引いて飛ばす洋式の弓。日本ボウガン射撃協会というのがあるようですが、この日本ボウガン射撃協会によると、1960年代、競技用として日本に入ってきました。ボーガンは英語の弓「BOW(ボウ)」と、銃「GUNPLA(ガン)」を組み合わせた和製英語で、英語圏では「クロスボウ」と呼ばれています。

競技用のものは国際基準に照らして、弓の形状や素材、矢の長さなどが細かく指定されています。協会に所属していなければ、原則購入ができません。

しかし、競技用以外のボーガンも数多く流通しています。ネット上では、レジャー用や護身用などの名目で販売され、殺傷能力が高いものもあるとされています。

銃刀法では、猟銃や刀剣などの購入時に各都道府県の公安委員会の許可を得るように義務付けているが、ボーガンは「弓」のため対象外となっています。

対面販売で購入する場合には身分証明書の提示を義務付けているようですが、ネットでの販売の際には身分証明書の提示をせずに買えてしまうそうです。

このような危ない凶器は、法的に規制しないといけないのではないでしょうか。ネットで顔も見ずに気軽に買えてしまうというのは、なんとも恐ろしいものだと思います。

ネット上では以下のような声があがっています。

ボーガンで撃ってくる事件て定期的におこるよね。販売中止にすればいいのに。
もうボーガンなんて銃刀法で猟銃と同じ免許制にしないと!厳しく管理しなきゃ駄目。殺傷能力高過ぎだろ!こういう奴がいると模倣犯が出てこないか心配。
驚いたのが何十年も前から危険性が指摘されていたボーガンが今だに気軽に買えること
拳銃並みの殺傷能力があるんだからこれを機会に販売所持に関して厳しい規制を作ってほしい

今回のような殺傷能力のあるボーガンが気軽に買えることは、見直すべきことだと思います。

実際にAmazonなどでも買えるようですので、これはいち早く厳しく管理しないといけません。

スポンサードリンク

宝塚ボーガン殺人事件の憶測まとめ

宝塚で痛ましい事件が起こりましたが、家族間のトラブルは普通の家庭でもあり得ることではないでしょうか。

今回の容疑者宅は複雑な家庭環境だったといわれていますが、周りに相談できる人がいなかったのかと疑問に思います。どんなに家族間で嫌なことや恨みがあっても、絶対に傷つけてはいけないことです。しかし、事件が起こる前に手を差し伸べる人がいなかったのでしょうか。家族間のことは当人同士でないとわかりませんが、容疑者もどこかで愚痴などを吐ければ、このような事件は起こらなかったかもしれません。

今回凶器に使われたボーガンについても、銃と同じように規制をかけるべきだと思います。それでないと、また同じような事件を繰り返してしまいます。

二度とこのような事件が起きないように願いたいと思います。そして、被害者の方のご冥福をお祈りします。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です