コロナ感染のホストクラブはどこ?誕生パーティーでクラスター発生か

コロナ感染のホストクラブはどこ?誕生パーティーでクラスター発生か

緊急事態宣言が解除されてから、東京都は6月2日に、感染拡大への警戒を呼びかける「東京アラート」を出しました。

特に感染が目立ったのは『夜の街』だと小池都知事から発表されました。

『夜の街』関連での感染は16人。その中で、同じ店のホストは12人だということです。

ホストクラブでクラスターが発生しているようですが、このホストクラブはどこなのでしょうか?

調査していきたいと思います!

新型コロナ・ホストクラブで12名が感染!

国内では6日、新型コロナウイルスの感染者が新たに46人確認された。26人は東京都で、新宿地区の同じホストクラブで働く男性12人が含まれていた。 都によると、全体の約7割の19人が20~30歳代で、接待を伴う飲食店など「夜の街」関連が16人だった。同じホストクラブで働く12人の中には同居している人もおり、都が集団感染した経緯を調べている。

(読売新聞より)

東京都は6日、新型コロナウィルスの感染者を26人新たに確認しました。都によると、感染者26人のうち、現時点で感染経路が不明な人は10人ということです。

今回、問題となっているのは接待を伴う飲食店などで感染したとみられる『夜の街』関連は16人。

なんと、同じ店のホストが12人含んでいるといいます。さらに、同居していたということが判明しました。感染が疑われてから、無症状の従業員もあわせて積極的に検査しており、客にも連絡をとっているということです。

スポンサードリンク

新型コロナ感染のホストクラブはどこ?

今回、12人のホストの感染が確認されたホストクラブはどこなのでしょうか?

ホストクラブは、新宿エリアと発表されています。

おそらく、新宿・歌舞伎町である可能性は高いでしょう。

ホストクラブについては、緊急事態宣言が発令されてから営業自粛されており、閉めている店も多いですが、

やはり、経営側からすると、ずっとお店を休み続けるということは難しいのでしょう。

新宿歌舞伎町辺りだと、テナントの賃料も恐ろしいくらい高いですからね。だから、仕方なく営業を開始せざるを得なかったのでしょう。

今回のコロナ感染が発生したホストクラブについて、今のところ特定はできてないのですが、特定次第、追記します。

スポンサードリンク

新型コロナクラスター発生か?原因は誕生日パーティー?

今回の新型コロナウィルスのクラスターが発生したのは、なぜでしょうか?

原因は誕生日パーティー?かといわれています。

2日に都は新たに34人が新型コロナウィルスに感染していたと発表しました。また、若い人が集まったパーティーでクラスターが発生し、

これまでに7人が感染したことが判明しました。

『夜の街』関連で感染した人は8人おり、このうち3人は同じ誕生日パーティーに参加していたということです。このパーティーでの感染者はこれで7人といわれています。パーティーは緊急事態宣言が解除される前の先月5月20日頃に開かれ、20人〜30人の若者が参加していたということが判明しています。

このパーティーにホストクラブが関連あったのは、確認されていませんが、関連性が高いことも否定できません。

今回のホストクラブのクラスター発生について、ネット上では以下のような声がでています。

新型コロナウイルス特定の業種言うと業界団体がギャーギャーうるさいから配慮してるんだろうな
どこで感染って言えばいいのにね
店名を公表してほしい!怖い!
スポンサードリンク

まとめ

新型コロナウィルスの感染でクラスターが発生しているホストクラブについて調査してみました!

現在、ホストクラブの店名については公表されていませんが、今後、政府が公表する可能性もあるかもしれません。

外出自粛については解除されたものの、都内での新型コロナウィルスの感染者数は減ってきていません。

まだ不安な状況が続いていますが、新型コロナウィルスの感染拡大が収まってくれることを願います。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です