大阪万博のロゴが気持ち悪い!?ミスドのポンデリングに似てるとの声も

2020年8月25日、2025年大阪・関西万博(日本国際博覧会)のロゴマークを発表しました。

アートディレクター・シマダタモツ氏が代表を務める「TEAM INARI」の作品に決定しました。このロゴについて『かわいい』や『気持ち悪い』との様々な声があがっています。ロゴについて調査していきたいと思います!

大阪・関西万博のロゴが決定!

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会は25日、2025年日本国際博覧会(以下、大阪・関西万博)のロゴマーク「最優秀作品」を発表。アートディレクター・シマダタモツ氏が代表を務める「TEAM INARI」の作品に決定した。 最優秀作品は、2019年11月29日~12月15日の間に応募のあった5894作品の中から選ばれた。「いのちの輝き」をテーマに、1970年大阪万博のDNAを受け継いだ「セル(細胞)」を意識した赤い球体をつなげた作品となっている。ロゴは万博の周知と、さらなる機運の醸成に活用される。【オリコンニュースより】

今回、決定した大阪・関西万博のロゴマークを制作したのはアートディレクター・シマダタモツさんが代表を務める「TEAM INARI」です。最優秀作品は2019年11月29日〜12月15日の間に応募のあった5894作品の中から選ばえました。『いのちの輝き』テーマに、『セル(細胞)』を意識した赤い球体をつなげた作品となっています。1970年大阪万博のDNAを受け継いだ『セル(細胞)』を意識したとされています。

今回制作したシマダ氏は「正直、びっくりしています。まさか万博の顔になるなんて思わなかったので。。。」と述べ、「小さい頃、万博で見た太陽の塔が衝撃的でした。岡本太郎さんのようなパンチのあるオリジナリティーのある作品をずっと作りたいと思っていました。コイツ(ロゴ)がこれから5年、万博の顔になるということが最高に嬉しいです。ありがとうございます。」と感無量の表情を浮かべ喜びコメントしました。

スポンサードリンク

大阪・関西万博のロゴに気持ち悪い?との声

この大阪・関西万博のロゴですが、さまざま声があがっています。

「かわいい」との声や「気持ち悪い」との声など様々な声があがっています。

大阪・関西万博のロゴはミスドのポンデリングに似てるとの声も

大阪・関西万博のロゴですが、何かに似てると話題になっています。

それは、なんでしょうか。

そうです。ミスタードーナツの人気商品の「ポン・デ・リング」に似ていると話題となっています。

この形、そっくりですよね!美味しそうに見えてきますね。笑

スポンサードリンク

ネット上の声

なにこれ
気持ち悪いんだけど
この手のロゴとかキャラとかって、公的なところが関わると
「何でよりによってわざわざこれを選ぶかね」
と思うような変なのが選ばれるよね
細胞らしいけどなんだかウイルスを連想させるデザインだと感じた。
今から5年間まだコロナも続いていくだろうしそういうのは避けて欲しかったなと思いました。
デザインの意味とかより万人が見てワクワクさせるようなデザインが良かったなぁ。
なんか気色悪い。
見ていて不安な気持ちになるので、目を逸らしたくなるようなデザイン。
もっと万人受けするような安定感のある方が良かったのではと思います。
目立てばいいってもんではないでしょう。
残念ながら、可愛くない…
どの層の人向けだろうか
意味が込められてるかもしれないが、
やっぱり変、、泣
形がかわいい。「気持ち悪い」と評判悪いけれども、ミスドのポン・デ・リングに似ててかわいい。コラボ商品とか見てみたい。
スポンサードリンク

まとめ

大阪・関西万博のロゴについて調査してみました。いろいろな意見はありますが、個人的にはよく見るとかわいいかもしれません。笑

ミスタードーナツのポン・デ・リングに似ているとの声もでていますが、確かににていて食べたくなりますね。コラボ商品に期待していきたいですね!

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク