京都・鴨川が赤いのはなぜ?原因は工場から?場所についても調査!

スポンサーリンク

京都市の鴨川が赤いと話題になっています!

赤い水の原因はなぜなのでしょうか?原因は工場からなのでは?といわれていますが、工場からであれば、体に影響がないのかも気になるところですよね!

Twitter上では、赤い水が「血のようだ」との意見や「ドラクエの洞窟?」と言う声もあがっています。

そこで今回は、「京都・鴨川が赤いのはなぜ?原因は工場から?場所についても調査!」と題して、京都の鴨川が赤いのはなぜかという原因や場所について調査していきたいと思います!

スポンサーリンク

京都・鴨川が赤いのはなぜ?

結論からいうと、京都・鴨川がなぜ赤いかについては、現時点で調査中です。

原因については、まだ分かっていません。

1月6日に京都の鴨川の水が赤く変色していると警察に通報がありました。

警察で鴨川に調査したところ、上流から数十メートルにわたって赤い水が流れていることが確認されました。

現在のところ、魚などの生物の被害は出ていないようです。

原因については特定できておらず、原因を調査中ということですが、心配ですよね。

スポンサーリンク

京都・鴨川の水が赤い原因は工場から?

京都・鴨川の付近には工場が多いようで、赤い水は工場排水によるものではないかともいわれています。

やはり工場の排水が流れ出たのでは?という意見が多いようです。

鴨川近辺は、印刷工場や鉄工関係の工場もあり、配管が壊れて漏れ出しのではとの意見もありました。

確かに赤い水は染料のようにもみれるように思います。

中には鴨川から流れ込んでいる水が滋賀県から来ているため、赤こんにゃく工場が怪しいのでは?という意見もありました。

赤い水については現在も調査中ですが、なにか染料のようなものが流れ出たと考えるのか濃厚ではないかと思います。

京都・鴨川の場所について! 

今回問題となっているのは、京都市南区の鴨川で、場所は以下になります。

鴨川の水門から大量の赤い水が流れているということですが、有害物質が含まれていないかは現在、京都市が調査中だということです。

有害物質でなければいいのですが。

とにかく健康被害がないといいですが、心配になるところですよね!

こちらについては、新しい情報が入り次第、お知らせしていきたいと思います!

スポンサーリンク

ネット上の声

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「京都・鴨川が赤いのはなぜ?原因は工場から?場所についても調査!」と題して、京都の鴨川周辺に流れている赤い水について調べてみました。

鴨川周辺は工場が多く隣接していることから、赤い水は工場から排出された水なのでは?という声もでています。

しかし、原因は現在調査中ということで、まだ特定できていません。

「ドラクエ」のようだという意見もでていますが、健康被害がないことを願いたいと思います。

新しい情報が入り次第、お知らせしていきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク