創価大嶋津雄大がすごい!区間新!網膜色素変性症でも強いとの声

毎年話題となる全国箱根駅伝ですが、東京五輪も控えた2020年の今年は例年以上に

盛り上がりました。

優勝は青山学院大学でしたが、そんな中で注目を浴びている選手がいます。

それは、10区を走った創価大学の嶋津雄大選手です。

創価大学は9位でゴールし、初のシード権獲得しました!

その立役者となったのが嶋津選手といわれています。

噂の嶋津選手に注目していきたいと思います。

スポンサードリンク

嶋津雄大のプロフィール

嶋津 雄大のプロフィール

嶋津 雄大(しまづ・ゆうだい)

2000年3月28日生まれ

東京・町田市生まれ。

19歳

身長170cm 体重 56kg

若葉総合高校卒業

中学1年制から陸上を始める。

若葉総合高校では2、3年次に東京高校駅伝1区区間賞。

3年次には5000mで全国大会に出場。

2018円に創価大学文学部人間学科に入学。

家族は父、母、姉、兄。

ペットはカニンヘンダックスフント。名前は夢来くん。

若葉総合高校時代は、2,3年時に東京高校駅伝で区間賞を獲得しています。

その他にも全国大会に出場するなど、高校時代から活躍されていたようですね。

スポンサードリンク

区間新!強さの秘密とは

そんな嶋津選手ですが、今年2020年の箱根駅伝では第10区のアンカーを勤め、

1時間8分40秒と創価大学としては9位で初のシード権獲得となりました。

ネット上では以下のような声が上がっています。

嶋津選手に、すごい!凄すぎるとの声があがり、ネット上やSNSでは話題となっています。

スポンサードリンク

「網膜色素変性症」という病とは?病も克服

そんな嶋津選手ですが、レース中、帽子を被っていたのが気になった方もいるのではないでしょうか。

実はある大きな病気を抱えているのです。

「網膜色素変性症」という病気です。

◆網膜色素変性症 目の中で光を感じる組織である網膜に異常をきたす遺伝性、進行性の病気。暗いところで見えにくい(夜盲)、視野が狭くなる(視野狭さく)などの症状が表れ、病気の進行とともに視力が低下する。根本的な治療法は見つかっていない。

嶋津選手の目は、周囲が暗くなると「上映中の映画館」のように見えなくなるそうです。

生まれつきの「網膜色素変性症」は進行性で、この先、さらに見えにくくなる可能性もあるのですが、

「運命」と受け入れて前を向いて走っているそうです。

陸上を始めたきっかけは、小学生時代の地域のマラソン大会だったそうです。

ゴール後に両親から褒められ、「陸上って楽しい。」と感じ、

中学1年の時から本格的に始めたそうです。

小さいものがみえづらく、球技はほとんどできなかったそうですが、

走ることは大好きになったそうです。

嶋津選手は、「病気のことなど、知らないところで気を使わせて苦労させている。」とここまで支えてくれた両親へ感謝の気持ち

を口にしています。

練習についても、冬場が日が短く暗くなるため、朝は証明がある別トラック、よるは体育館内を走り込んでいるそうです。

ここまで嶋津選手を支えてきたのは、両親以外にも心の支えとなる選手がいるそうです。

「いいライバルであり、いい仲間」と語る同学年でチームメイト、そして同じ病気を抱える永井大育選手の存在が

大きいそうです。

入学前に同じ境遇を持つ永井選手の存在を聞いていたのと、LED証明などの設備の良さで

創価大学への進学を決めたそうです。

ここまでの強さの秘訣は、切磋琢磨する仲間の存在が大きいのでしょう。

 

まとめ

 「網膜色素変性症」という病気にも打ち勝ち、見事区間新記録、さらには初のシード権獲得の立役者となった

嶋津選手。

本人の努力はもちろんですが、周りの支えがあったからこそでしょう。

まだ19歳で大学2年生ですので、今後の活躍が楽しみですね。今後の活躍に注目してきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です