侍ジャパンU-12赤澤琉偉のWiki風プロフィール!家族も野球選手?

3月1日(日)フジテレビ系の「ジャンクスポーツ」に

侍ジャパンU-12選手の赤澤琉偉(るい)選手が登場します。

番組の中では、侍ジャパンU-12の元日本代表選手から、

監督を務める仁志敏久が選んだ森山竜之輔&赤澤琉偉&高橋昇聖の3人が、

元メジャーリーガー・川上憲伸と対決するそうです。

まだ13歳の赤澤選手ですが、2019年第4回WBSCワールドカップにも選ばれた経歴もある

赤澤選手に注目していきたいと思います。

赤澤琉偉(るい)選手のプロフィール

 

 

 

 

 

 

名前;赤澤琉偉(あかざわ・るい)

身長:1571cm

体重:49kg

生年月日;2007年1月6日

出身;大阪府

ポジション;右投左打

経歴

東大阪花園ボーイズ(八尾市立桂小)

八尾中央ボーイズ(八尾市立桂中)

2019年第4回WBSCワールドカップに出場。

野球をはじめた年齢は9歳で、野球をはじめたきっかけは

叔父さんのすすめがあったそうです。

好きなプロ野球チームは、阪神タイガースで、目標とする

野球選手は秋山翔吾選手だそうです。

 

 

 

秋山翔吾選手は、元西武ライオンズの選手で、

現在メジャーリーグのMLBのシンシナティ・レッズに所属しています。

日本プロ野球におけるシーズン最多安打記録である216本(2015年)の

保持者でもあります。

ワールドベースクラシックやWBSCプレイア12でも活躍しました。

外野手としてゴールデングラブ賞にも6回獲得しており、

打撃だけでもなく、外野手としても活躍しています。

赤澤選手は同じ外野手として、このバランスの取れたプレーができる秋山選手に憧れる

のでしょう。

赤澤選手も将来は、秋山選手のようにメジャーリーガーも将来の夢として

考えているかもしれませんね。

家族は誰?野球選手?

13歳と若いものの、才能を見いだされ、活躍している赤澤選手ですが、

もしやご両親がプロ野球選手か野球関係者かもしれないと

予想されますよね?

調査しましたが、今のところ、

ご家族がプロ野球選手だとか野球関係者という

情報はありませんでした。

もしかすると、野球のきっかけを与えてくれた叔父さんというのが、

野球経験者であり、プロ野球関係者かもしれませんね。

スポンサードリンク

赤澤選手の実績、評判は?

2019年第4回WBSC  U-12ワールドカップでの赤澤選手の実績です。

  対戦チーム スコア プロ 打順 守備 打数 安打 打点 本塁打
予選リーグ 第4回WBSC U-12ワールドカップチェコ代表 ○ 21-0   1番        
予選リーグ 第4回WBSC U-12ワールドカップ台湾代表 ○ 6-0   1番        
予選リーグ 第4回WBSC U-12ワールドカップ台湾代表 ○ 7-4   1番        
予選リーグ WBSC U-12ワールドカップフィジー代表 ○ 30-0    
予選リーグ 第4回WBSC U-12ワールドカップ南アフリカ代表 ○ 15-0   1番        
スーパーラウンド WBSC U-12ワールドカップベネズエラ代表 ○ 21-0   1番        
スーパーラウンド WBSC U-12ワールドカップ韓国代表 ○ 8-7    
スーパーラウンド WBSC U-12ワールドカップメキシコ代表 ● 3-8    
決勝 第4回WBSC U-12ワールドカップ台湾代表 ● 0-4    

赤澤選手は打順も1番打者として出場し、

初戦のチェコ代表で2塁打を放ち活躍しました。その後も

守備の面や打撃面でも大活躍を見せました。

スポンサードリンク

まとめ

13歳とまだ若い赤澤選手ですが、もう日本代表として抜擢されていて

期待の選手ですね。

U12日本代表の仁志監督からも絶賛されている赤澤選手。

今後の活躍がとても楽しみですね。

今後も注目していきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です