木村花死去で飼い猫は大丈夫?今後どうなる?猫の無事を心配する声!

木村花画像

2020年5月23日、女子プロレスラーでテラスハウスにも出演中の木村花さん(22)が、死去するという衝撃的なニュースが入ってきました。

この衝撃的な死には、心よりご冥福をお祈りしたいと思います。

SNSによる誹謗中傷により自殺したとの見方が強いようです。この訃報を受け、各スポーツ紙の一面やワイドショーやネットやTwitter上は木村花さんの訃報について

大きな話題となっています。

SNS上では、木村花さんがInstagramに投稿した飼い猫について「無事?」「大丈夫?」「飼い猫はどうなる?」と心配する声があがっています。

今回は、木村花さんについてと、飼い猫について調査していきたいと思います!

木村花さんの死去!誹謗中傷により自殺!?

関連記事;木村花の死因は自殺?『テラスハウス』はどうなる?打ち切りとの噂

2020年5月23日に、女子プロレスラーで『テラスハウス』に出演中の木村 花さんの亡くなったことが明らかとなりました。

死因は自殺とみられています。SNS上で、誹謗中傷を受けており、それが原因なのではと見られています。

木村 花さんは亡くなる直前に、Twitter上で自殺をほのめかすような投稿をのこし、リストカットの画像を投稿していました。(現在は削除中)

さらに、Instagramに飼い猫と一緒に、以下のようなコメントを投稿し、その後、音信不通となり、亡くなっていたことが判明しました。木村花画像

もう人間なんかやりたくない」「愛されたかった人生でした」「ばいばい。」「愛してる。楽しく長生きしてね。ごめんね」「さようなら」

 

スポンサードリンク

木村花の死因は硫化水素で自殺?

木村さんが所属する団体「スターダム」のエグゼクティブ・プロデューサーのロッシー小川氏(63)によると、23日未明、木村さんと連絡がつかないことを不審に思った母親で元プロレスラーの響子さん(43)が江東区内の自宅を訪ねたところ、倒れている木村さんを発見。搬送先の病院で同日朝に死亡が確認された。  死因や動機は不明だが、自殺を図ったとみられる。近所の人の話では「朝4時ごろ、消防車が数台駆けつけ救急車に搬送される人がいた。原因は硫化水素の発生とのことだった」という。警視庁城東署も取材に「江東区で硫化水素が発生し、死者が出たという事案の取り扱いはあった」と認めた。ただ、詳細は「遺族の意向で控える」とした。

木村 花さんは自殺とみられていますが、原因は『硫化水素』だといわれています。

TwitterやInstagramでの投稿が午前2時頃。その後、近所の人の話では、午前3時半頃に消防車と救急車のサイレンの音が聞こえたそうです。

「ハシゴを使って消防隊員2人が3階のベランダから入り、窓を開けたタイミングで少し異臭が漂いました。中からは『ピピピー』という警報音が鳴っていた。外階段から救急隊員10人くらいがマンションへ入り、隊員らの会話から『硫化水素』という言葉が聞こえました。

間もなくして、救急隊員がぐったりしている女性を背後から脚ごと1人で抱きかかえて、3階の部屋から救急車へ運んでいった。車中では、心臓マッサージをしているのが見えて、その様子を見ながらお母さんらしき人40代くらいの女性が手を合わせて、拝みながら泣き崩れていました。プロレスの関係者っぽい黒髪の女性は、救急車の外から窓に向かって、『起きろ、花! 戻ってきて!』と必死に声を掛けていた」

木村花の飼い猫は大丈夫?無事を心配する声

この訃報を受け、スポーツ紙や各TV番組ワイドショーやネット上では、木村 花さんの死が話題となっています。

そしてSNS上では、最後にInstagramに木村 花さんと一緒に映っていた飼い猫についての無事を心配する声があがっています。

スポンサードリンク

木村 花の飼い猫は無事!命を守る最後の優しさ 猫の名前はからあげくん

木村 花さんの買っていた愛猫ですが、無事だということが報告されました。

木村 花さんが所属するプロレス事務所『スターダム』によりますと、

亡くなる直前、残される愛猫の小さな命を気にかけ、木村 花さん自身が自宅近くにある『スターダム』の事務所前までかごに入れて運び、事務所のドア外にそっと置いてあったよ

うです。

その直後に、木村 花さんは病院に搬送されたそうです。この愛猫は、引き取ったばかりの保護猫でした。

先週、生前進行のあったガールズバンド『SILENT SIREN』のメンバー、ひなんちゅから引き取ったばかりの保護猫だったのです。この愛猫の名前は「からあげくん」と名付けていたそうです。

理由は「丸くて茶色くて、からあげみたい」と出会った瞬間に決めたようです。

現在は、愛猫はスターダムの寮で保護されています。今後、誰が引き取るかは、まだ決まっていないそうですが、木村 花さんの最後の形見となった猫ちゃん、

強く生きてほしいですね。そして、最後の最後まで、小さな猫の命を大切にしていた木村 花さんは、繊細で心優しい方だったことが

伺えます。最後にどのような気持ちで愛猫を事務所のドアの外に置いたのかと思うと、悲しすぎますね。

スポンサードリンク

まとめ

急逝した木村 花さんについてと、飼い猫について調査してみました!

飼い猫だった愛猫は無事ということが確認されましたが、最後まで木村 花さんがどれだけ心の優しい方だったのかが、伝わってきました。

まだ22歳。若すぎる死。悲しすぎます。

今回、SNSでの誹謗中傷や匿名でのネットいじめということが問題になっています。時には言葉は人を殺す凶器となってしまうことを忘れてはいけません。

このような事が二度とおこらないように願いたいと思います。

改めて、心からご冥福をお祈りします。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です