只野哲也の大学は東北学院大学!経歴やwikiプロフィール!【ザ・ノンフィクション】

スポンサーリンク

「ザ・ノンフィクション」に只野哲也さんが出演します!

只野哲也さん(てっちゃん)は東日本大震災の時に、宮城県石巻市立「大川小学校」に通っていましたが、避難中に津波に流されて奇跡的に助かった、4人の児童のうちの1人なのです。

現在、「てっちゃん」こと只野哲也さんは21歳になりました。

只野哲也さんは現在、大学を中退しているそうなのですが、只野哲也さんの大学や経歴などが気になりました。

さらに只野哲也さんは、柔道ではすごい成績を記録しているそうなんです!

そこで今回は、「只野哲也の大学は東北学院大学!経歴やwikiプロフィール!【ザ・ノンフィクション】」と題して、只野哲也さんについて調べていきたいと思います!

そこでまとめた内容はこちら!

・只野哲也の大学は東北学院大学!高校は?

・只野哲也の経歴やwikiプロフィールは?

・只野哲也の柔道の成績は?

それでは早速、本題にいってみましょう!

関連記事:ゆうせい(六本木キャバクラボーイ)の経歴とプロフィール!【ザ・ノンフィクション】

関連記事:草刈健太郎は結婚してる?妹や家族などプロフィールについて調査!

関連記事:サワガニケイタのプロフィール!年収を調査!【ザ・ノンフィクション】

スポンサーリンク

只野哲也の大学は東北学院大学!高校は?【ザ・ノンフィクション】

只野哲也さんは、東北学院大学工学部 機械知能工学科に通っていました。

現在は中退していますが、高校卒業後の2018年4月から東北学院大学に進学し、災害救助ロボットの研究に取り組んでいました。

ちなみに、東北学院大学の場所は宮城県仙台市若林区にあります。

東北学院大学工学部 機械知能子学科の偏差値は42.5です。

只野哲也さんは本人は目標を見失ったために東北学院大学工学部を中退したといっていましたが、理由についてはコロナの影響か、何らかの理由があったのではないかと思います。

只野哲也さんは石巻工業高校を卒業しました。

高校時代は小学校1年生から取り組んでいる柔道に打ち込み、高校3年生の時には主将を務め、県大会で3位という素晴らしい成績をおさめました。

只野哲也さんは「震災後の厳しい時にいつも柔道が支えてくれた」と語っています。

中学生の時も震災のことを忘れるように、必死に柔道の練習に打ちこみました。

只野哲也さんは継続的に打ち込み、なおかつ主将として先頭に立つ力を持っていて素晴らしい方ですね。

辛い経験を乗り越えたからこそ、真剣に打ち込めるのかもしれないですね!

スポンサーリンク

只野哲也の経歴やwikiプロフィール!【ザ・ノンフィクション】

只野哲也さんの経歴やwikiプロフィールについて紹介していきたいと思います。

只野哲也のプロフィール

名前:只野哲也(ただの てつや)

生年月日:2000年

年齢:21歳

出身:福島県

身長:175cm

体重:90kg

学歴:東北学院大学中退

柔道をしているため、身長175cm、体重90kgと体格がすごいですね!

只野哲也さんは、2000年に福島県に誕生し、父親の英昭さん、母親のしろえさん、2歳年下の妹の未捺(みな)さん、祖母のと祖父の6人家族でした。

しかし、2011年3月11日、只野哲也さんが小学校5年生で11歳の時、東日本大震災で母親のしろえさんと妹の未捺(みな)さんと祖父の弘さんを亡くしました。

只野哲也さんは当時、宮城県の「大川小学校」に通っていました。

自宅は大川小学校から歩いて15分の自宅に暮らしていました。

当時の東日本大震災で大川小学校は、児童74人と教職員10人が津波の犠牲になってしまいました。

奇跡に助かった児童4人のうちの1人が只野哲也さん。

大川小学校付近の小学校はほとんどの児童が高台に避難して無事だったそうです。

地震発生から津波到達までの50分間の間、大川小学校の児童たちは三角地帯の川の堤防上を目指して避難をはじめましたが、選んだルートは民家裏の狭い路地で行き止まりとなってしまったそうです。

路地を右折して民家の通路を走って県道に出ようとしたところ、津波に襲われてしましました。

只野哲也さんは津波が見える前に前方から煙があがるのをみて、山に向かって走り助かりました。

急な斜面を5メートルくらい上がり後ろを振り返った時にはまだ津波が見えなかったのですが、再び山を登りはじめた直後に背中を押されるような圧力を感じたそうです。

只野哲也さんは山腹の中で埋もれていたところを奇跡的に救助されました、

現在は震災について語るために、児童の遺族らでつくる会に誘われて語り活動をおこなっています。

只野哲也さんは、被災した翌日に父親の英昭さんと再会し無事だった祖母と3人で支えあって生きてきました。

英昭さんは当時被災した子どもたちの死を無駄にしないために、学校や行政の責任を追求する大川小津波告訴の原告団に加わり、裁判に挑み続けてきました。

2018年4月26日に「校長らは震災前に校舎周辺の津波が襲来することを予言できたのに、危機管理マニュアルに避難場所を明記するなどの対策を怠った」と遺族の訴えを全面的に受け入れ、学校と市の対応の不備が過失に当たると認定されました。

そして14億3617万円の賠償を市と県に命じられました。

実際に津波の恐ろしさ、地震の恐ろしさを体験しているからこそ、只野哲也さんが語ることは命の重みを感じられます。

今後も震災での経験を語り継ぐ活動をおこなってもらいたいものですね。

只野哲也の柔道の成績は?

只野哲也さんは高校時代、石巻支部総体の100kg級で1位の優勝を果たしています。

只野哲也さんは小学校1年生の時に妹の未捺(みな)さんと地元のチーム(河北柔道スポース少年団)で柔道をはじめました。

中学生のときも震災のことを忘れるように必死に練習し、柔道に没頭していたそうです。

高校時代は、石巻工業高校に入学し高校2年のときに、主将になりました。

そして、なんと石巻支部総体で100kg級で1位を獲得しました。

さらに、第66回宮城県高等学校総合体育大会で100kg級ベスト16という成績を収めています。

柔道での結果もしっかりと残して、素晴らしいですね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「只野哲也の大学は東北学院大学!経歴やwikiプロフィール!【ザ・ノンフィクション】」と題して、「てっちゃん」こと只野哲也さんについて調べてみました!

只野哲也さん東日本大震災で奇跡的に助かった児童の一人として、東日本大震災での経験を語り部の活動として伝えています。

只野哲也さんは東北学院大学を中退したということですが、将来は消防士になるという夢をもっているそうです。

大切な家族や友達を失った只野哲也さんにとって、東日本大震災の経験を語り継ぐことは本当はとても辛いことだと思います。

しかし実際に経験した人しか語れないことを語り継ぐことで、震災が起こった時にまた同じようなことが起きないように、多くの命を助けられうように願いたいと思います!

今後も只野哲也さんを応援していきたいと思います!

関連記事:ゆうせい(六本木キャバクラボーイ)の経歴とプロフィール!【ザ・ノンフィクション】

関連記事:草刈健太郎は結婚してる?妹や家族などプロフィールについて調査!

関連記事:サワガニケイタのプロフィール!年収を調査!【ザ・ノンフィクション】

スポンサーリンク

スポンサーリンク