箕輪厚介が不倫で炎上?相手のフリーライターは誰?真相について調査

スポンサーリンク

幻冬舎の敏腕編集者として有名で今ではテレビのコメンテーターなどで活躍している

箕輪厚介さんが不倫というニュースが入ってきました。

このニュースの情報源となるのは、またもや『週刊文春』です。

記事によると、箕輪氏から不倫を迫ったようですが、

どういうことなのでしょうか。

真相について調査していきたいと思います。

関連記事;エイベックス松浦勝人薬物疑惑は本当?逮捕間近との噂も!退任の真相

箕輪厚介が不倫?概要とは

今回、箕輪氏が不倫を迫ったとされるのは、2016年にエイベックス会長の松浦勝人氏の自伝本を出版しようと

いうことが事のはじまりのようです。

2016年に箕輪氏がフリーライターのA子さんに松浦勝人氏の自伝本を依頼したそうです。

結局、松浦氏の自伝本については、出版中止となったようですが、

当初、松浦氏の側近にいたA子さんに、幻冬舎の編集者としての立場の箕輪さんが、

不倫を迫ったそうです。

松浦氏の自伝本を出版するにあたり、フリーライターのA子さんと箕輪氏の間で

当初、打ち合わせをおこないはじめ、2週間が経過したあと、事件はおこったようです。

2016年12月に箕輪氏がA子さんの自宅へ行きたいといった旨のメッセージを

送ったそうです。

箕輪《明日Aちゃんち行きたい。家じゃなくてもいいし、何時でもいいから!》(2016年12月15日午後11時57分)

箕輪《絶対変なことしないから!》

 

「仕事の発注元である担当編集者に対して断り続けるのも負担で、結局は『仕事を手伝ってあげるだけだから』という箕輪さんの言葉を信じ、夜9時ごろに仕方なく家に上げてしまいました。でも、間違いでした。

 箕輪さんは家にあがってこたつに腰を落ち着けるなり、『触っていいですか?』『キスしませんか?』とくっついてきて、いくら拒もうと強引に体を触ってきたのです。本当にやめてほしくて、『無理です、もう帰ってください』と強引に家から追い出しました。すると最後、箕輪さんは『じゃあ握手しませんか』って手を差し出してきたんです。仕方ないから握手をしてから別れました」

 

以上のようなやり取りがあったとしています。

もし、本当であれば、セクハラと訴えられてもおかしくはない話ですよね。

箕輪厚介との不倫を告発した相手とは?相手は?元エイベックス社員?

箕輪氏から不倫を迫られたとする女性A子さんは、フリーのライターですが、

元エイベックスの社員だったようです。

しかも、現在、エイベックス会長の松浦氏の『薬物疑惑』を『週間文春』に暴露している

女性ということが判明しました。

元エイベックス社員であり、なおかつ、松浦氏とかなり近い存在だったようです。

なので、編集者である箕輪氏もA子さんに依頼をしたとA子さんは訴えています。

 

もし、これが事実だとしたら、編集者とフリーライターの関係として、

フリーライターは弱い立場にありますし、ましてやセクハラは許されまいことでしょう。

ネット上の声

これって本当ですか?
箕輪厚介ってほんとクズ。
見城徹も最低。
そりゃ書かせておいて原稿料0なら暴露もするわ。
こう言うヤツは男からしても敵やな。だいたい口説くレベルが低い。ま、女性にも隙があったんだろうが。普通トラブル案件でさらにトラブルにするバカいるかね。
何年も前の話として持ち出すのが疑わしいけど、箕輪さん自身が反論等出来ない状況らしい。

箕輪さんを信じてます🙏🏻

A子さんとのやり取り、自分には信じられません!
真実を箕輪さんの口からぜひ聞きたいです。

といったような意見がでています。

まとめ

幻冬舎の敏腕編集者としてテレビやSNS等で引張りだこの箕輪康介さん。

数年前のこととはいえ、もしこれが事実だとしたら、セクハラと訴えてもおかしくはないでしょう。

ただ、実力者である箕輪さんですので信じたくないですね。

真相については当人同士にしかわからないことかもしれませんが、

現在、弁護士を挟んで話し合い中のようですので、経過を見守っていきたいですね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

極上 神戸牛 ステーキ 福袋 食品ロス 削減 応援 支援 お取り寄せグルメ フードロス
価格:10800円(税込、送料別) (2020/5/16時点)

楽天で購入

 

スポンサーリンク